仙台中央タクシーのこと

沿革

大正12年10月 仙台市立町にて清水源太郎がシミヅタクシー創業 創業時車両台数5台
昭和8年6月 宮城郡広瀬村秋保(現仙台市秋保町)にて乗合旅客自動車運輸事業経営
昭和15年10月 企業合同法により仙台合同タクシー有限会社に併合
昭和26年10月 仙台陸運局より一般乗用旅客自動車運送事業の営業免許取得・仙台中央タクシー株式会社設立登記完了
昭和26年12月 仙台合同タクシー有限会社解散・12月21日仙台中央タクシー株式会社として営業開始 車両台数18台
昭和31年 車両台数を24台に増車
昭和35年 車両台数を29台に増車
昭和40年 車両台数を59台に増車
昭和45年 車両台数を73台に増車
昭和48年 第二中央交通有限会社を合併 車両台数101台
昭和60年 中型車両を導入 車両台数104台
昭和62年 大型車両を導入 車両台数105台
平成2年 大型車両を増車 車両台数109台
平成13年10月 介護タクシー事業開始
平成14年11月 小型車両を増車 車両台数131台
平成18年8月 特定大型車両・小型車両を増車 車両台数142台
平成19年10月 泉営業所を開設
平成20年 1月 タクシー事業の特定事業計画により10台減車 車両台数132台
平成22年 7月 タクシー事業の事業再構築計画により8台減車 車両台数124台
平成23年 4月 一般貸切旅客自動車運送事業の認可を受け貸切バス事業開始
  • 会社概要・事業案内・グループ企業
  • 歴史・沿革
  • 採用情報
  • 観光モデルコース
  • タクシー料金&ルート検索ができます